Creator’s Profiles


シェフ・ディレクター

Chef / Director
水野 健児

1980年生まれ。3代料理人の家系に生まれ育ち、15歳からフレンチの世界へ。ホテル、フランス料理店で修業後、23歳で九州地区初の出張料理専門事業を立ち上げる。その後、自然豊かな「福岡県糸島市」に一軒家フレンチレストランを開業。食材研究と料理開発に余念がなく、その意識の高さに、アクセスが困難にも関わらず全国から食通が訪ねてくるなどファンも多い。
レストラン出張料理とは別に、コンセプト型ブライダルの受託事業を開始。福岡、佐賀の無形文化財や屋外など、九州地区で唯一無二のコンセプチュアルな披露宴イベントを数々プロデュース。趣味は絵画とギター。繊細でアーティスティックな感性が料理へ活かされている。
http://pinoxpinox.com/
http://itoshima-wedding.jp/

Kenji Mizuno


フラワーデザイナー

Flower Design
井上 博登

和の素材に洋の花を組み合わせた繊細かつモダンな作品が生み出す世界観は、どこまでも深く、美しく、見る者に感嘆の声をもたらす。美術館や商業施設での空間インスタレーション作品、ドレスや器とのコラボ作品などを数多く手掛け、建物、空間または個々のアイテムが持つ本来の価値と美しさをさらに引き出す作品作りに注力する。伝統と革新、そしてその昇華がもたらす日本発の新しいデザインの形に、数多くの海外トップデザイナー、国際フラワーショー、そしてデザイン専門誌も注目する。
NFD日本フラワーデザイン大賞2011 内閣総理大臣賞、ハウステンボス花の大祭典2015 最優秀賞、国際的なフラワーデザイン誌「FUSION FLOWERS」選考 インターナショナル・デザイナー・オブ・ザ・イヤー2016 第一位、その他受賞多数

HirotoInoue


空間装飾ディレクター

Space Director
Brian

ハウステンボス「ガーデニングワールドカップ」や「花の世界大会」など、国際フラワーショーをプロデュース。これまで120名を超える世界の一流ガーデンデザイナーやフラワーデザイナーをコーディネートし、「非日常的な花空間」を創り上げ、国際的に注目される大会へと成長させた。
日本人デザイナーの海外挑戦の支援も行っており、「シンガポールガーデンフェスティバル」(シンガポール政府主催)2016年および2018年大会では、政府関係者や現地企業との交渉を務め、「高陽国際花博覧会」(韓国)の2016年および2017年大会では、国際フラワーショーの運営をテーマに地元自治体や業界関係者向けに講演を行う。
「花の世界大会」2017(ハウステンボス)では、生花の「フローラル・ドレス」を華やかにまとう日本初のフラワーファッションショーをプロデュース。今後もフラワーデザインと異業種との化学反応による新しい空間演出を目指す。
株式会社ガーデニア(Gardenia Inc.) 代表取締役

Brian


サウンドプロデュース音楽

Sound Producer
DJ AMIGA

2001年よりElectrical LOVERSとして音楽活動をスタートさせる。セカンドシングル「二重螺旋」はノーマン・クックの耳にとまり、FA T B O Y S L I Mの「Live On Brighton beach-BIG BEACH BOUTIQUE」(日本版DVD)やMixmaster MorrisのMIXCD「Ambient meditations 4 God bless t he chilled」に使用されるなど、内外から高い評価を得る。また中島美嘉やSUGIZOなど人気アーティストのRemixも手がけ、水族館、ホテル、美術館などの空間音楽やサウンドトラックを制作する女性アーティストとして人気を博している。
DJとしても、Tiffany, Cartier, HERMES, Dior, Louis Vuitton, といったハイブランド
のパーティーからアンダーグラウンドパーティー、ULTR Aといった大型フェスまで、幅広い音楽知識を生かした独自のグルーブコントロールで、全国はもとよりアジア諸国、IBIZA、NY、サンフランシスコ、ロシア、南米ウルグアイなど、ワールドワイドな活躍を見せている。最新作はIbizaのHontasよりリリース。
http://www.electrical-lovers.com

DJAMIGA